品質はひとり一人の心から -航空宇宙メールマガジン-のページに戻る >>>
☆★
第224回 2017年2月24日(金)

品質はひとり一人の心から  ―航空宇宙メールマガジン―
株式会社 ティ・エフ・マネジメント(TFM)
☆★

<< メニュ4件 >>

★印は、今週お届けする新しい情報です。

≪ トピックス ≫
01.★ボーイング、旅客機作れず? トランプ氏「輸入依存減らせ」(2月19日)
02.★日本航空機産業への影響と異変(TFM認証取得支援を通して)(2月22日)
03.JISQ9100:2016セミナー 4月以降の定期開催セミナーの日程のご案内
04.JISQ9100:2016セミナーのお知らせ

<<  本 文   >>

≪ トピックス ≫

01.★ボーイング、旅客機作れず? トランプ氏「輸入依存減らせ」(2月19日)

 トランプ米大統領は、17日、米航空機大手ボーイングの工場で演説し、国内製造業を
支えるための政策を順次実施していく考えを改めて強調しました。しかし、同氏が引合いに
出したボーイングの中型機「787」は日本など海外からの輸入部品を大量に採用しています。
「米国第一」の結果は、米国で旅客機が作れなくなる事態が起きかねます。(中略)

この日、787の新機種を後ろに、トランプ氏は米製造業の復権を訴えました。「輸入への
依存を減らし、米国製品をもっと買おう」「米国人を雇おう」。国内雇用の拡大を訴える
メッセージに、集まったボーイングの従業員も歓声を上げました。

 だが、787は米国外の部品メーカーとの協業を増やしたことでも知られた機種です。
特に日本の関与は大きく、機体の35%を三菱重工業、川崎重工業、富士重工業が担っています。
サウスカロライナ州の工場倉庫には、愛知県から届いた日本製の主翼や胴体が並んでいます。(中略)

米国製といいながら実質は「多国籍機」だけに、トランプ氏が求める「バイ・アメリカン
(米国製品の購入)」が徹底されれば787への影響は大きいのです。機体の前後と一部の小さな翼、
さらにはエンジンくらいしか米国産の部品はありません。バイ・アメリカンを全面適用すれば
米国で旅客機をつくれないという事態もあり得ます。(後略)
(日本経済新聞2月19日)

02.★日本航空機産業への影響と異変(TFM認証取得支援を通して)(2月22日)

クライアント様と当社がJISQ9100, Nadcap認証取得支援契約を交わし、支援開始後
1カ月〜10カ月後の昨年11月〜本年1月にかけての3カ月間の出来事です。

クライアント様(3社個別に)から「認証取得を中断又は諦めます」との連絡がありました。
3社の最終顧客は、Boeing, GEで、日本の重工系顧客経由の仕事です。重工系のお客様からは、
777X等の月産生産レートダウンが主要な要因との説明のようです。

しかし、あまりにもこの3カ月間での3社の「認証取得の中断又は中止」は、当社にとっては
初めてのことです(いままで、中断は1社ありましたが中止は0でした)し、違和感があります。

私は、トランプ大統領の選挙中、選挙後の「米国第一」「バイ・アメリカン」の
演説・政策・大統領令との関連で、IT,自動車産業への矛先の次は、航空機かと思って
おりました。それが現実になり、米国航空機産業の経営陣も身構えており、それが現実に
なりつつあると実感しています。

世界的、長期的には、航空機産業は成長することは間違いありません。しかし、短期的には、
停滞又は減速するかもしれません。そのような状況で企業様はどのように行動されますか。
設備投資ではなく、人的資源(専門的技術力、管理力の向上)に投入することがよいので
はないでしょうか。

文責 門間
03.JISQ9100:2016セミナー 4月以降の定期開催セミナーの日程のご案内

 4月以降のJISQ9100:2016版の当社の定期開催セミナーの日程が決定致しましたので
ご確認ください。

 セミナーの日程は下記をご確認ください↓↓↓
 http://www.tfmc.co.jp/seminar.html#seminar-schedule

04.JISQ9100:2016セミナーのお知らせ

JIS9100:2016関連セミナーを下記のとおり開催いたします。
定員になり次第受付を終了させて頂きますので、お申し込みはお早目にお願い致します。

<JISQ9100:2016セミナーのご案内>
 ■JISQ9100:2016移行審査対応セミナー
   内 容:2016年版への移行審査の準備のためのセミナーです。
       改正変更点について、品質マニュアルにどのように展開するかについても解説します
   受講料:37,800円(税込)
   日 程:(東京)12/19、1/20 (愛知)12/20、1/16、1/25 (神戸)12/21、1/26
   詳 細:http://www.tfmc.co.jp/seminar-ikou.html

 ■JISQ9100:2016規格解説セミナー
   内 容:JISQ9100:2016規格要求事項全般について解説します
   受講料:32,400円(税込)
   日 程:(東京)1/19 (愛知)1/13、1/24 (神戸)1/25

 ■JISQ9100:2016内部監査員養成セミナー
   内 容:内部監査の基本や、ケーススタディを通して内部監査員の力量を身に付けます
   受講料:62,640円(税込)
   日 程:2月頃開催予定

 ■JISQ9100:2016規格解説+内部監査員ブラッシュアップセミナー
   内 容:規格の主要改正点及び改正に伴う内部監査の重要ポイントを解説します
   受講料:41,040円(税込)
   日 程:2月頃開催予定

  セミナーの詳細は下記よりご確認ください↓↓↓
http://www.tfmc.co.jp/tfminfo.html#JISQ9100_2016_sem

※多数のお申込みを検討されている企業様は、「カスタム出張セミナー」も
 行っております。ご検討の方は下記よりお問い合わせください。
 http://www.tfmc.co.jp/appli5.html



 品質はひとり一人の心から 航空宇宙メールマガジン 


 メールマガジンご登録内容の変更、配信停止をご希望の方は、
 ↓こちらから
 https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=tfmc
発行:株式会社ティ・エフ・マネジメント T&F Management Co., LTD.
〒486-0931 愛知県春日井市松新町1-4 ルネック 4F
Copyright(C) 2016 T F Management All Rights Reserved





品質はひとり一人の心から -航空宇宙メールマガジン-のページに戻る >>>