産業クラスターとして品質マネジメントシステム(QMS)を構築し、ISO認証取得できるかと議論がありました。そこでJIS Q 9000の用語の定義を紐解いて、検討してみました。 結論から言えば、QMSの認証取得は可能であるということです。

まず「品質マネジメントシステム」の定義を解読して、検討することにしました。

品質マネジメントシステム

品質に関して、方針、目標及びその目標を達成するためのプロセスを確立するために、
相互に関連する又は相互に作用する、組織の一連の要素。

ここで、キーとなる用語として「組織」が出てきます。「組織」は、下記のように定義されています。

組織

自らの目標を達成するため、責任、権限及び相互関係を伴う独自の機能を持つ、個人又は人々の集まり。

注記1: 組織という概念には、法人か否か、公的か私的かを問わず自営業者、法人、事務所、
企業、当局、共同経営会社、協会、非営利団体若しくは機関、又はこれらの一部若しくは
組み合わせが含まれる。ただし、これらに限定されるものではない。

上記のことから、クラスターに属する個人又は人々の集まりであって、その個人又は人々の集まりに、責任と権限が明確にされ、相互関係と独自の機能を持ち、それらがQMS文書として、明文化し、運営・機能すれば、QMSのISO認証は可能ということになります。

本件、認証を要望しているクラスターから認証機関に見解を求めた結果は、「認証は可能」との回答を得ました。

さて、このように「クラスター」として、QMS認証取得に何かメリットがあるのだろうかと思いますね。それは、またの機会に譲ります。