航空宇宙産業において、一貫生産が強く求められています。コストダウン(Cost Down)の要求に対しての製造技術向上は当然として、品質(Quality)、納期(Delivery)確保の観点から、品質管理及び生産管理のポテンシャルアップが必須の事項です。

本セミナーは、経営に役立つQCD改善を「品質管理」、「生産管理」の基本、活動の進め方を事例、演習問題を通して学びます。

対象者 生産の管理者、品質管理の管理者、技術者、作業監督者
講 師 航空機産業にて40年ほど、生産管理、品質管理業務に携わった講師です。
開催日 2018年10月、11月・・・2日間コース 詳細は、別途公開いたします。

 

■セミナー内容

1. 仕事のマネジメントの基本・・・顧客要求(QCD)を満足=顧客満足
・「5Mと5S」から「6Mと6S」へ
・「見える化」から「目で見る管理」へ
・流動曲線・・・仕事量、生産能力、仕掛、L/Tの計画と把握
・標準化と改善・改

2. 品質改善の進め方
・品質のつくり込みのシステムアプローチ
・5ゲン主義(3現+2原)
・QC7つ道具の活用
・なぜなぜ分析、ヒューマンエラー防止 等

3. 統計的品質管理
・基本的統計量・・・平均値と標準偏差、正規分布 等
・工程能力Cp と 工程能力指数 Cpk
・初等信頼性解析 等

4. ISO 9001/JIS Q 9100品質マネジメントシステムの基礎
・システム保証の考え方
・製造プロセス及び検査プロセムに求められる要求事項
・タートル図の作成と自己評価

5. 作業改善とコストダウン
・7つの「ムダ」の排除
・作業改善の着眼点と進め方
・作業改善演習
・作業改善とコストダウン

6. 生産管理(納期管理)改善
・生産管理の役割
・生産効率化・・・リーン生産

7. 管理技術のまとめ