JIS Q 9100 JIS Q 9100

JIS Q 9100 とは、国際航空宇宙品質グループ(IAQG)が作成した9100規格を基に、
技術的内容及び構成を変更することなく作成した日本工業規格です。

JIS Q 9100:2016について

IAQGは、2000年にISO 9001要求事項に、航空、宇宙及び防衛分野の特有な要求事項を加えて、IAQG:2000“航空、宇宙及び防衛分野の組織に対する品質マネジメントシステム要求事項”として作成しました。それを米国ではAS 9100:2000, EUではEN 9100:2000, また日本ではJIS Q 9100:2000のセクター規格として制定してきました。
これらの規格は、ISO 9001の2008年及び2015年の改正に伴い、AS/EN/JIS Q 9100:2009及びAS/EN/JIS Q 9100:2016と改正されました。
2016年版の改正は、ISO 9001:2015の改正に合わせて、“リスクに基づく考え方”の導入、“組織の知識”の要求、また、“パフォーマンスの評価”の強化、“サービス産業”への配慮が主な改正事項です。

一方、セクター規格である9100:2016が、2009年版と大きく変更された箇条は、8.4「外部から提供されるプロセス及び製品の管理」、8.1.3「製品安全」、8.1.4「模倣品の防止」の要求事項です。なお、製品実現の主要プロセスである箇条8.3「設計・開発」、8.5「製造」等については、2016年版は2009年版に対して大きな変更はありません。

顧客要求事項及びJIS Q 9100の理解

JIS Q 9100の要求は、顧客の品質マネジメントシステム要求事項から引用され、単独にJIS Q 9100を呼び出すことはありません。JIS Q 9100では、品質記録の保管期限、特殊工程の承認対象範囲、不適合製品が発生した場合の具体的な処置様式を定めておらず、現実的には品質マネジメントシステムとして運用できない部分が多々あります。したがって、顧客の要求事項を十分に理解して、品質マネジメントシステムの構築、運用を図る必要があります。また、AS/EN/JIS Q 9100規格は、欧米の航空宇宙産業界の文化、慣習(雇用制度、契約重視、性悪説に基づく要求等)をベースとして制定されていますので、それらの要求を理解して対応する必要があります。

顧客要求事項、JIS Q 9100及びISO 9001の関係
顧客要求事項/JIS Q 9100/ISO9001
JIS Q 9100のISO 9001に対する主な追加要求事項
  • 運用の計画及び管理に対する追加要求
  • 運用リスクマネジメント
  • 形態管理 ・製品安全 ・模倣品の防止
  • 設計・開発への追加要求 
  • 外部から提供される製品への追加要求
  • 製造の管理への追加要求
  • 特殊工程の妥当性確認及び管理
  • 製造工程の検証
  • 識別及びトレーサビリティへの追加要求
  • 引き渡し後の活動に対する追加要求
  • 不適合製品管理への追加要求
  • 不適合に関する人的要因の原因究明

JIS Q 9100 定期セミナー予定

年間を通じてほぼ毎月、愛知、東京、神戸の会場にて、JIS Q 9100のセミナーを開催しております。 目的や段階に応じたコースをお選びいただけます。

JIS Q 9100:2016 規格解説セミナー JIS Q 9100:2016 内部監査員養成セミナー 模倣品の防止、製品安全、検査データの改ざん防止セミナー JIS Q 9100:2016内部監査員ブラッシュアップセミナー
【愛知会場】
5月23日 (火)
7月3日 (火)
9月4日 (火)
11月6日(火)
【愛知会場】
5月24日(木)~25日(金)
7月4日(水)~5日(木)
9月5日(水)~6日(木)
11月7日(水)~8日(木)
【愛知会場】
6月13日(水)
【愛知会場】
9月7日 (金)
【東京会場】
6月5日 (火)
7月24日 (火)
8月28日 (火)
10月2日 (火)
11月20日 (火)
【東京会場】
6月6日(水)~7日(木)
7月25日(水)~26日(木)
8月29日(水)~30日(木)
10月3日(水)~4日(木)
10月21日(水)~22日(木)
【東京会場】
6月27日(水)
【東京会場】
10月5日 (金)
【神戸会場】
5月15日 (火)
6月19日 (火)
8月7日 (火)
9月18日 (火)
10月23日 (火)
【神戸会場】
5月16日(水)~17日(木)
6月20日(水)~21日(木)
8月8日(水)~9日(木)
9月19日(水)~20日(木)
10月24日(水)~25日(木)
【神戸会場】
6月18日(月)
【神戸会場】
9月21日 (金)

セミナー

JIS Q 9100:2016 規格解説セミナー

航空宇宙等のハイリスク, ハイコスト製品に対して、 厳しい要求事項であるJIS Q 9100規格を理解して、QMSを構築・運営する必要があります。Boeing, GE等からの特有な要求及び運用リスク、形態管理、製品安全、模倣品の防止、供給者管理、製造管理、不適合製品の管理等への対応について、長年航空宇宙産業で品質保証に携わった講師が解説します。中間で小テストを行い、理解を深めていただきます。

JIS Q 9100:2016 内部監査員養成セミナー

 内部監査員としての基本的な監査手順、適合性及び有効性(タートル図を活用)の監査手法を勉強していただきます(一日目)。二日目は、適合性、有効性のケーススタディを参加者の皆さんでチームを組んで討議し、発表していただきます。受注、設計、購買、製造、検査等の各プロセスについてケーススタディ(5~7ケース)を通して、内部監査手法を習得していただきます。

模倣品の防止、製品安全、検査データの改ざん防止セミナー

 模倣品の防止、製品安全、検査データの改ざん防止への解説はもちろん、最近発生している事案の直接的原因、根本原因、コンプライアンス教育、SJAC 9068Aの概要を解説します。模倣品の防止等への供給者に対する要求事項である受入検証の要求事項は、製品品質・安全確保に直結しております。経営者、管理責任者、設計・試験・品質保証課長の方々向けセミナーです。
本セミナーでは、参加者の方々とディスカッションの時間を設けております。

リスクマネジメントとFMEAセミナー

プロジェクト目標達成、又は新製品開発の技術的リスク、短納期リスクを軽減するための簡便なリスクマネジメントの進め方と FMEA(故障モード影響解析)を習得して頂きます。

設計FMEA/工程FMEA

FMEAの概要を解説は、設計FMEA又は工程FMEAの基本的考え方(予防活動、重点指向の方策)、手法等の簡便なFMEAを座学で行います。その後、お客様グループ毎に評価基準(発生頻度、影響度、検出難易、受容基準の設定)、その後に「FMEAワークシート」作成するまで研修します。この途中の段階でグループ発表をおこない、講師による評価・コメントで修正を加えていきます。
なお、重要な製品については、1日でのセミナーでは修得が困難ですので、お客様との調整で3~5回の支援で「FMEAワークシート」を作成する場合もあります。

IATF16949(自動車産業)のFMEAにつきましても対応させていただきます。

是正処置となぜなぜ分析

基本的な是正処置となぜなぜ分析の手順の講義の後には、社内にて発生、又は顧客からの製品の重大クレーム、若しくは内部監査にて指摘された不適合の事例について、個人別に検討します。その後、グループによる討議を行い、結論を相互に発表しあいます。臨場感あふれた研修となります。講師は、発表・討議についてコメントします。

コンサルティング

JISQ9100 認証取得支援

 弊社の認証取得支援の方針は、お客様の対象製品、関連する従事人数等を基にお客様固有の品質マネジメントシステムの構築を支援してまいります。ISO 9001認証取得している企業様には、既存の品質マニュアル、帳票等を努めて活用し、航空・宇宙産業特有の要求事項である“製品実現プロセス(設計、購買、製造、不適合管理プロセス等)”に焦点を当て、シンプルで運用しやすいQMSの構築を支援します。
(弊社事務所においでいただければ、1回は無料です。)

JIS Q 9100維持・改善支援

 航空機産業のプライムからのQMS要求事項に対しては、JIS Q 9100認証取得対応だけでは、十分な対応ができない場合があります。例えば、海外輸出を展開時における事業リスクマネジメントの要求、特殊工程に関するNadcapへの対応、重大不適合が発生し、現QMSの大幅改善が必要な場合等です。航空宇宙品質保証活動で30年以上の経験あるコンサルタントが支援いたします。お気軽にご連絡ください。

書籍

JIS Q 9100:2009航空宇宙QMS実務ガイドブック

当社が2007,2008年に航空宇宙産業経験審査員専門研修コースに使用したテキストを、 企業の航空宇宙QMS業務に携わる方々向けに編集し、提供いたします。特殊工程管理、Nadcapについて記載してあります。
参考ページはこちらからご覧いただけます。
目次はこちらからご覧いただけます。

※FAXで申込希望の方はこちら

販売価格 :3,600円(税込)
著者:門間清秀 / 宇佐美寛